ガジェット
PR

バッテリー残量が鍵: 中古iPhone購入時の注意点とおすすめのストア

バッテリー残量が鍵: 中古iPhone購入時の注意点とおすすめのストア
TUKASA
本ページはプロモーションが含まれています

中古iPhoneを購入する際に最も重視すべき点の一つが「バッテリー残量」です。iPhoneのバッテリーは、充電回数と経年劣化によってその性能が低下し、使用するにつれて容量が減少します。

中古市場での選択肢は多岐にわたるため、バッテリー残量の状態をしっかりと把握し、その影響を理解することが賢い購入への第一歩となります。

この記事では、中古iPhoneのバッテリー残量に焦点を当て、購入前に確認すべきポイントと、そのバッテリー状態がどのように全体的な使用体験に影響するかを解説します。

この記事のポイント
  • 中古iPhoneのバッテリー残量の重要性と影響
  • バッテリーの健康状態を確認する方法
  • バッテリー劣化による性能低下の具体例
  • 良質な中古iPhone選びのためのバッテリー残量チェックポイント
広告

iPhoneを中古で購入する際に気にしたいバッテリー残量:基本情報

iPhoneを中古で購入する際に気にしたいバッテリー残量:基本情報

中古iPhoneを購入する際、バッテリー残量は重要な検討ポイントです。iPhoneのバッテリーは、充電回数や経年劣化により劣化し、使用によって異なるバッテリー残量を示します。iPhoneのバッテリーが80%を切ると、バッテリーの性能が大きく低下し、半日もたない可能性があります。バッテリーの健康状態は、iPhoneの「設定」内で確認でき、最大容量という項目で表示されます。新品の時は100%で、使用に伴い減少します​​。

メルカリやヤフオクで購入することが一番安いとは思いますが、やはり個人間の取引となるため、売る方も買う方も心配だと思います。僕も苦い経験をしたことがありますので、売る際は買取店に出すようにしております。ヤフオクで売るよりも安くなりますが、安心ですのでそうしております。

中古iPhoneの選び方:メリットとデメリット

中古iPhoneの選び方:メリットとデメリット

中古のiPhoneには、メリットとデメリットが密接に絡み合っています。ここでは、これらの点をより具体的かつ専門的な視点で掘り下げてみましょう。

メリット:コスト削減と環境への貢献

  1. 価格面の利点: 新品iPhoneと比較して、中古iPhoneは平均的に20%から50%程度安価です。これは、特に最新モデルの発売後に顕著で、新機種の登場により、前モデルの中古価格が大幅に下がる傾向にあります。
  2. 環境保護への貢献: 中古市場での購入は、電子廃棄物の削減に直結します。使用されなくなったスマートフォンが再利用されることで、資源の無駄遣いを防ぎ、環境保護に貢献することができます。

デメリット:バッテリー劣化と機能的制限

  1. バッテリー劣化のリスク: 中古iPhoneの大きな懸念点はバッテリーの劣化です。新品のバッテリー容量が100%であるのに対し、中古のものは70%から90%の範囲で変動することが一般的です。バッテリーの劣化は使用時間の減少や性能低下を引き起こします。
  2. 機能的な制約: 中古iPhoneを購入する場合、古いモデルでは最新のiOSアップデートやアプリケーションのサポートが受けられない可能性があります。例えば、iOSの最新バージョンは、特定の古いモデルではサポートされないことがあり、これによりセキュリティリスクやアプリの互換性の問題が生じることがあります。

購入前のチェックリスト

  • バッテリー状態の確認: 購入前には、バッテリーの最大容量をチェックし、80%以上であることを確認するのが理想的です。
  • 信頼性の高い販売店選び: 信頼できる販売店は、商品の品質に対する保証や適切なアフターサービスを提供します。
  • 外観と機能のチェック: 傷や損傷の有無を確認し、必要な機能が全て動作することを確認します。

中古iPhoneを選ぶ際は、これらのメリットとデメリットを総合的に検討し、自分のニーズに最も適したモデルを選択することが重要です。購入する前に、バッテリーの状態や機能的な制限を十分に理解し、長期的な視点で最適な選択をすることが求められます。

新機種発売後の型落ちiPhoneのメリット

新機種発売後の型落ちiPhoneの購入は、複数のメリットがありますが、いくつかの注意点も考慮する必要があります。

新機種発売後の型落ちiPhoneのメリット

  1. 価格の削減: 型落ちのiPhoneは、最新モデルよりも価格が低く設定されています。例えば、iPhone 15 Proの128GBモデルが185,760円で販売されているのに対し、型落ちのiPhone 14 Pro(同容量)は175,680円で販売されています。このように、新しいモデルが発表されるタイミングで、旧モデルは価格が下がります。
  2. 独自の機能や特徴: 型落ちのiPhoneは、最新モデルにはない特定の機能やサイズを持つことがあります。例えば、最新のiPhone 15ではFace ID(顔認証)が標準装備されていますが、iPhone SEなどの型落ちモデルには、指紋認証機能付きのホームボタンが搭載されています。
  3. 十分なスペックとカメラ性能: iPhoneは毎年性能が向上していますが、1〜2世代前のモデルでも日常使用には十分なスペックを持っています。iPhone 14シリーズと比較しても、iPhone 13シリーズは処理速度やカメラ性能など、ほとんどのユーザーにとって十分な性能を提供します。

注意点

  1. スペックの比較: 最新モデルに比べ、防水・防塵性能、FeliCa対応、画面や背面の耐久性など、一部のスペックが劣ることがあります。
  2. 新機能の不可: 最新モデルに搭載された新しい機能や改善点が、型落ちモデルでは利用できない場合があります。

型落ちiPhoneの購入時期の目安

最新モデルが発売される3月や9月の前後には、既存モデルのiPhoneの価格に変動が見られることが一般的です。この時期は、キャリアや家電量販店、スマホショップなどの情報をチェックすることで、型落ちiPhoneのお得な情報を得られます。

最新モデルの発表とともに型落ちとなるiPhoneを購入する際には、これらのメリットと注意点を考慮し、ご自身のニーズやライフスタイルに合ったモデルを選ぶことが重要です​​​​。

中古iPhoneの価格比較:新品との違い

中古iPhoneの価格比較:新品との違い

中古iPhoneの価格は新品に比べて、多くの場合で割安になります。これは、バッテリーの残量、外観の状態、モデルの世代などによって異なります。

中古iPhoneを購入する際のメリットは、価格の安さと、古いモデルでも十分なスペックや機能を持っていることです。ただし、バッテリーの劣化や、過去にどのように使用されたかが分からないため、故障やトラブルのリスクがあることも考慮する必要があります。中古品の場合、メーカー保証がないため、修理は自費で行う必要があります。

中古iPhoneの購入先としては、GEO、ブックオフ、TSUTAYA、ソフマップなどのリアル店舗や、イオシス、ムスビー、じゃんぱらなどのWebサイトが挙げられます。店舗での購入のメリットは、実際に端末を見て状態を確認できることです。一方、Webでの購入は品揃えが豊富で、スペックや傷の状態を詳細に確認できる利点があります​​​​。

中古iPhoneを購入する場合、どちらが適切かは個人のニーズや予算、機能性の重視度によって異なります。安さを最優先する場合は中古が適していますが、最新の機能や高い性能を求める場合は新品の購入が適しています。また、中古品を購入する場合は、バッテリーの状態や赤ロム保証の有無など、購入前に確認すべきポイントがいくつかあります。

中古iPhoneの品質を見極めるポイント

中古iPhoneの品質を見極めるポイント

中古iPhoneの品質を見極める際には、特にバッテリーの最大容量、外観の状態、および機能的な問題の有無を確認することが重要です。

  1. バッテリーの最大容量の確認: 中古iPhoneの選択において、バッテリーの最大容量は非常に重要な指標です。一般的に、バッテリーの最大容量が80%以下になっていると、バッテリーの劣化が進んでいると考えられます。バッテリーの劣化は、使用時間の短縮やパフォーマンスの低下を引き起こす可能性があるため、購入前にはバッテリーの状態を必ず確認することをお勧めします​​​​。
  2. 外観のチェック: 中古iPhoneを購入する際には、端末の外観も重要です。外装に目立つ傷や損傷がないかを確認し、可能であれば実機を手にとって確認することが望ましいです。中古販売店のランク分けによって、外観の状態も異なるため、事前にランクについて理解しておくと良いでしょう​​​​。
  3. 保証の有無: 中古iPhoneを購入する際、保証の有無もチェックすることが重要です。ほとんどの買取店では購入後の保証がついていますが、保証の内容や期間は店舗によって異なります。保証があれば万が一のトラブルに対応できるため、安心して使用できます​​。
  4. 機能的な問題の確認: 機能的な問題がないかも確認することが必要です。特に、iOSのバージョンによっては古いモデルではサポートされない場合があるため、購入するモデルのiOSサポート状況も確認しましょう​​。
  5. バッテリー交換の必要性: もしバッテリーの劣化が進んでいる場合、購入後にバッテリーを交換することを検討する必要があります。iPhoneの場合、バッテリーの交換はApple StoreまたはApple認定サービスプロバイダに依頼することが可能ですが、費用がかかる点に注意が必要です​​。

以上の点を踏まえた上で、信頼性のある店舗やオンラインストアで中古iPhoneを検討することをお勧めします。バッテリーの状態を確認している販売店で購入することで、より安心して中古iPhoneを使用できるでしょう。

中古iPhoneを購入する際の注意点と対処法

中古iPhoneを購入する際には、いくつかの重要な注意点があります。これらのポイントを理解し、適切な対処法を行うことで、賢く安心して購入することができます。

  1. 赤ロムの確認: 中古iPhoneを購入する際、特に重要なのが赤ロムの確認です。赤ロムとは、料金未払いや盗難などの理由でキャリアから利用制限がかかっている端末のことを指します。これを避けるためには、端末のIMEI番号を出品者から取得し、キャリアの公式サイトで状態を確認することが重要です​​​​。
  2. バッテリーの状態: 中古iPhoneのバッテリーの状態は購入前に確認する必要があります。バッテリーの最大容量が80%を下回っている場合、劣化が進んでいると考えられ、交換が必要になることがあります​​​​。
  3. 保証サービスの確認: 新品のiPhoneにはメーカー保証が付いていますが、中古品ではこれが切れていることが多いです。故障時の修理費用は高額になることがあるため、保証サービスの有無を確認し、可能であれば保証サービスを付けることを検討すると安心です​​。
  4. 部品交換の履歴の確認: iOS 15.2以降では、「設定」>「一般」>「情報」の中に「部品と修理の履歴」セクションが表示される場合があります。ここで、Apple 純正部品を使用して交換されたか、非純正部品が使用されたかなどを確認できます​​。
  5. 購入方法の選択: 中古iPhoneはフリマアプリ、オークションサイト、中古スマホショップなど様々な場所で購入できます。各場所にはそれぞれのメリットとデメリットがあるため、自分のニーズに合わせて最適な購入方法を選ぶことが大切です​​​​。
  6. 中古iPhoneの購入タイミング: 新型iPhoneが発売されるタイミングは、中古iPhoneの価格が下がる傾向にあります。この時期は中古市場に多くの旧型iPhoneが出回り、価格がお得になるため、購入のチャンスです​​。

これらの注意点を押さえ、リスクを適切に管理しながら中古iPhoneを購入することで、コストを抑えつつ良質な端末を手に入れることができます。

中古iPhone購入時のバッテリー残量が気になる場合のおすすめストア

中古iPhone購入時のバッテリー残量が気になる場合のおすすめストア

バッテリー残量が気になる方は、バッテリーの状態を明確に示しているストアでの購入をおすすめします。例えば、「ReYuu」や「にこスマ」のようなストアは、バッテリー残量を表示しており、品質の高い中古iPhoneを提供しています​​​​。

整備済製品、中古品の選び方

整備済み製品や中古品を選ぶ際には、バッテリー残量、外観の状態、および保証の有無など、いくつかの重要なポイントがあります。

  1. バッテリー残量の確認: 中古スマホのバッテリー残量は重要な判断基準です。バッテリー残量が少ないと、想定外の追加出費が発生する可能性があります。例えば、Appleや携帯キャリアが取り扱う中古iPhoneの場合、バッテリー残量は80%以上保証されていることが多いです(セカスマ)。
  2. 外観のチェック: 中古スマホの外観をチェックすることも重要です。特にスクリーンや背面に目立つ傷や損傷がないかを確認しましょう。
  3. 製造メーカーによる再整備と販売者による再整備の違い: 製造メーカーによる再整備製品(例:Apple認定整備済製品)は新品と同じ基準を満たし、最大15%の割引で提供されることがあり、1年間の製品保証と90日間の技術サポートが受けられることが多いです。対して、販売者による再整備製品は、保証や品質がメーカー再整備品ほど厳格ではない可能性があります。
  4. 保証の有無: Apple認定整備済製品は1年間の製品保証が付いており、AppleCare+も利用可能です。中古ショップで購入するより価格が高いですが、新品に近い品質で提供され、人気モデルはすぐに売り切れることがあります。

これらのポイントを念頭に置き、自分のニーズに合った整備済み製品や中古品を選ぶことが重要です。また、バッテリーの状態や外観に不安がある場合は、整備済み製品の購入を検討するとよいでしょう。

バッテリー容量だけが全てではない

中古iPhoneの購入時、バッテリー容量だけでなく、他の要素も重要です。バッテリー容量は重要な指標ではありますが、それだけで全てを判断するのは適切ではありません。

  1. 外観と機能性: 中古iPhoneの外観や機能性もチェックすることが重要です。画面に傷やひびがないか、ボタンの反応が良いかなど、基本的な機能が正常に動作するかを確認します。
  2. OSのアップデート対応状況: 最新のiOSアップデートに対応しているかも確認が必要です。古いモデルの場合、最新のアップデートに対応していないことがあり、これはセキュリティリスクやアプリの互換性の問題を引き起こす可能性があります。
  3. バッテリーの劣化状態: バッテリーが劣化していても、交換することで新品同様の性能を取り戻すことが可能です。バッテリーの劣化が進んでいると、充電切れを起こしやすくなる、iPhone本体が高温になりやすい、電源が勝手に落ち再起動するといったトラブルが発生する可能性があります。これらの問題が発生した場合、バッテリーの交換を検討する必要があります​​​​。
  4. バッテリー交換時の注意点: バッテリー交換はApple StoreやApple認定サービスプロバイダで行うことが推奨されています。自己で行うことも可能ですが、非正規品のバッテリーを使用すると、バッテリーの状態に関する情報が得られなくなる可能性があるため、注意が必要です​​。

中古iPhoneを選ぶ際は、バッテリーだけでなくこれらの要素にも注目し、総合的な判断を行うことが重要です。

バッテリー交換も視野

バッテリー交換も視野

バッテリー残量が低い中古iPhoneを購入する場合、将来的にバッテリー交換が必要になる可能性があります。交換には費用がかかりますが、これにより製品の寿命を延ばし、パフォーマンスを向上させることができます​​ので、あえて外観の綺麗な個体を探し、バッテリー交換を行うのも一つの手だと思います。

保証期間や利用制限の確認

保証期間や利用制限の確認は、中古iPhoneを購入する際に重要なポイントです。中古スマホの販売店によって保証内容と期間は異なりますが、一部の店では製品に応じて最大6ヶ月の保証を提供しています。特にネットワーク利用制限(通信規制や赤ロム)に関しては、保証期間の有無に関わらず保証対象となる場合があります​​。

ネットワーク利用制限の確認については、主要なキャリア(au、ソフトバンク、楽天モバイル)の公式サイトを利用することができます。これらのサイトでは、端末の製造番号(IMEI)を入力することで、端末のネットワーク利用制限の有無を確認できます。ネットワーク利用制限の対象になる主なケースとしては、契約申込書に記入された連絡先に請求書などの郵便物が届かない場合が挙げられます​​​​。

また、中古スマホの購入時には保険オプションの有無も確認することが重要です。保険は万が一の落下や破損に対応するために有用ですが、保険料の支払いが負担になる場合もあります。保険に加入するかどうかは、個々の使用状況やリスク管理の考え方によって異なりますが、頻繁にスマホを落とすような場合は保険への加入を検討する価値があるかもしれません​​。

中古スマホの保証内容やネットワーク利用制限に関する情報は、購入前にしっかりと確認し、自分にとって最適な選択をすることが大切です。

おすすめのオンラインストア

おすすめのオンラインストア

おすすめのオンラインストアとして、「ReYuu」と「セカスマ」が挙げられます。これらのストアはそれぞれ特徴を持ち、購入する際の安心感を提供しています。

  1. ReYuuストア:
    • ReYuuストアは高い評価を得ており、特にバッテリーの状態が非常に良いとのレビューが見られます。
    • 支払い方法としてクレジットカード、銀行振込、Amazon Pay、商品代引が利用可能です。
    • 商品の配送も速く、丁寧な梱包が行われています。
    • 購入者のレビューでは、スマートフォンが丁寧に梱包され、製品保証もしっかりしていることが評価されています。
    • 上場企業(日本テレコム株式会社)が運営していて信頼性が高い。

\ 【上場企業運営!】全品商品保証あり! /

  1. にこスマ:
    • にこスマは、さまざまな商品を提供するオンラインプラットフォームです。
    • ユーザーレビューによれば、迅速な発送としっかりした梱包が行われているとの評価があります。
    • にこスマの評価は、88%が最高評価を付けており、総合評価がわずかに上昇しています。
    • 購入から30日以内であれば無料返品、赤ロムは永久保証
    • サイトでは、商品の状態について客観的な情報が提供されており、これが良心的な印象を与えています。
    • 伊藤忠商事子会社が運営していて信頼性が高い。

\ 端末に不具合があった場合も30日以内で返品・交換無料! /

これらのオンラインストアは、中古スマートフォンの購入時に品質や信頼性を重視する消費者にとって良い選択肢となります。ただし、中古商品の購入にはそれぞれの商品の状態や保証内容を確認することが重要です。また、これらのストアはオンラインでのみ利用可能であることに留意し、商品情報やレビューを参考にしながら購入を検討すると良いでしょう。

番外編:実店舗で安心購入

信頼できる店舗からの購入は、質の高い中古iPhoneの入手に不可欠です。店舗の評判やレビューを確認し、保証期間や返品ポリシーが明確な店舗を選ぶことがおすすめです​​​​。

実店舗での中古iPhone購入において、以下の店舗が推奨されます。

  1. ドスパラ中古:
    • 通信規制や赤ロムに対して永久保証があり、中古品でも1か月の保証付き。
    • 実店舗とウェブショップを併用しており、全国の店舗在庫を検索可能​​。
  2. ダイワンテレコム:
    • 東京と大阪に店舗を構え、15時までの注文で当日発送を行うサービスあり​​。
  3. イオシス:
    • イオシスは主に価格の安さで知られ、中古iPhoneの保証期間は3か月、未使用品は6か月。
    • 実店舗も運営しており、所在地は大阪市中央区博労町です​​。

これらの店舗は品質の高い中古iPhoneを提供しており、保証やサポート体制も充実しています。実店舗での購入は、商品の状態を直接確認し、購入前に疑問点を解消できる機会を提供します。購入の際は、事前に店舗の場所や営業時間を確認することが重要です。

番外編:旧モデルや不要になったスマホの下取りと買取

旧モデルや不要になったスマホの下取りや買取も、中古iPhone購入時の費用を抑える手段として有効です。下取りや買取を利用することで、新しいデバイスの購入費用を削減できるだけでなく、リサイクルにも貢献できます。買取価格は機種や状態によって異なるため、複数の店舗で見積もりを取ることをおすすめします。

  1. ダイワンテレコム: 店頭買取と宅配買取の両方を提供しており、配送料や振込手数料が一切不要です。最短一日で振込みが完了する迅速なサービスを提供している点が魅力です​​。
  2. にこスマ: Apple, ASUS, SHARP, HUAWEI, Motorola, ZTEなど、幅広いブランドのスマートフォンを取り扱っています。宅配買取サービスを提供し、商品到着当日に処理を行うことが多く、送料無料という利点もあります​​。

これらのサービスは、それぞれ特徴やメリットが異なるため、あなたのニーズやスマートフォンの種類、状態に合わせて最適な選択ができます。最良の取引を得るためには、複数のサービスから見積もりを取ることをお勧めします。最新のキャンペーン情報や詳細は、各業者の公式ウェブサイトで確認してください。

\ ダイワンテレコムは、特にiPhoneの買取金額が大手に比べて高いのが特徴! /

\ 買取対応モデル300機種超。幅広い機種、モデルを買取します。 /

まとめ

中古iPhoneを購入する際、バッテリーの残量を確認することは非常に重要です。特に「ReYuu」や「にこスマ」などの専門店では、バッテリーの状態が示されており、購入前にその状態を確認することが可能です。iPhoneの場合、バッテリーの健康状態は「設定」メニューから簡単に確認でき、最大容量が80%を切るとバッテリーの性能が低下するとされています。したがって、80%以上のバッテリー残量を持つ製品を選ぶことが望ましいです。また、90%以上のバッテリー残量を持つ製品は、より長い寿命と高い性能を求めるユーザーに適しています。

バッテリーの交換に関しては、専門店に依頼することが推奨されます。これは、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに依頼する方法と、Appleリペアセンターに配送する方法があります。専門店での交換は、正確な作業と信頼性の高いサービスを受けられるため、結果的にコストパフォーマンスが良いとされています。例えば、「ダイワンテレコム」や「スマホホスピタル」などは、中古iPhoneのバッテリー交換におすすめのサービスプロバイダです。

中古iPhoneを購入する際は、バッテリーの残量の確認だけでなく、外観や機能の状態、保証期間や利用制限の有無もチェックすることが重要です。信頼できる店舗から購入し、実際の使用感や充電の持ちを確認することも大切です。これらのポイントを踏まえて、中古iPhoneの購入を行いましょう。

iPhone中古のバッテリー残量についての総括

iPhone中古のバッテリー残量についての総括

以下にポイントを記載します。

  1. 中古iPhone購入時のバッテリー残量は重要な検討ポイント
  2. バッテリーの劣化は充電回数や経年により発生
  3. バッテリー容量が80%を切ると性能が大きく低下
  4. バッテリー状態はiPhoneの設定で確認可能
  5. 新品時のバッテリー容量は100%、使用とともに減少
  6. 中古iPhoneは新品と比較し20%から50%程度安価
  7. 古いモデルではiOSアップデートのサポートが受けられない可能性
  8. 購入前にバッテリー最大容量の確認が理想
  9. 信頼できる販売店選びが重要
  10. 外観と機能のチェックが必要
  11. バッテリーの交換を視野に入れることも一つの選択
  12. 保証期間や利用制限の確認が大切
PAGE
1 2
広告
ABOUT ME
TUKASA
自動車やガジェットが好きで、この分野のブログを作りたいと思い、始めました。
僕の体験や発見を皆さんにお伝えし、楽しくて、ためになるネタを提供したいと思います!
関連広告
記事URLをコピーしました