ガジェット

Apple WWDC2020 の感想

こんにちは、TUKASAです。
今日は、アップルが毎年開催しているWWDC2020の感想を話したいと思います。ちなみに、僕の気になった深化ポイントについてのみ記載致しますので、全て確認したい方は、アップルのホームページをご覧ください。

iOS14

大きくは、ウィジェット、Picture in Picture、アプリクリップ、翻訳機能、App Library及びCarKeyでしょうか。

個人的に特に気になっているのは、Picture in Pictureで、例えばYoutubeを見ている時にHOMEボタンで戻ると、小さな窓でYoutubeが見られるようになることがうれしいポイントですね。

また、androidでお馴染みのウィジェットをHOME画面に貼れることになったことと、CarKeyで車の鍵が要らなくなることでしょうか。ただ、CarKeyはU1チップが入っているiPhone11以降の機種に限ることと、対応した車が必要なので、僕が使えるようになるのはまだ先の話ですね。

iPadOS14

気になる機能としては、ウィジェット機能の追加やアップルペンシルで書いた文字がテキストになるという事ですね。

実は、ペンで書いた文字がテキストに変換できるのは、GalaxyNOTE10でも出来る機能で、僕は実際に使用しているので便利さがわかります。これも良い深化ポイントですね。

watchOS7

こちらは、スリープアプリ、画面のカスタマイズ、そして、なんと言っても気になったのは、Time to Washですね!手洗いしている時を自動的に感知して20秒間数えてくれるものです。この機能はこの新型コロナがあったから搭載したのかな?とも思いますね。他にも色々追加されるようで本当に楽しみですね。

Spatial Audio

これは、かなり気になりました。AirPodsProの新機能追加ですね。Spatial Audioは、3Dサラウンドのような機能のようで、AirPodsProに搭載されるセンサー類を活用して頭の向きにも追従することが出来るようです。これは本当に楽しみです。

まとめ

今回の発表では色々な機能が追加され、流石アップルと言った所でしょうか。
アップデートまで時間があるので待ち遠しいですが、楽しみに待ちましょう。
新しいOSで発売されるであろう、iPhone12やWatch5は本当にに楽しみですね。ただ、新型AirPodsProはまだ発売されなそうなので、持っていない方は今のうちに購入してみてはいかがでしょうか。上記の機能が追加されると売り切れになったりして。

因みに、アップル公式サイトで購入すると、税込み30,580円ですが、amazonのアップルショップから買うと、同じく税込み30,580円ですが、ポイントが5%分付くようですのでこちらで買った方がお得ですね!