ガジェット

旧式ダイソンDC61のバッテリー交換をする。

こんにちは、TUKASAです。
今日は、長年使ったダイソンのハンディクリーナーDC61のバッテリーがいよいよ終わってしまったので交換しようと思います。

出典:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/handheld/dc61/dc61-motorhead-purple-nickel.aspx

バッテリー選び

純正バッテリーであれば、ダイソンのページから購入する事が出来ます。金額としては、8,800円で購入する事が出来ますが、今回はサードパーティー製で済ませようと思います。

何せ、安いので・・・。

amazonで「DC61 バッテリー」で検索をすると、沢山出てきます。
その中から僕が選んだのはこれです。

ダイソンv6 バッテリー&フィルター2個 DC62 DC58 DC59 DC61 DC74 SV07 SV09 掃除機用 3000mAh大容量 保護回路搭載 PSE CE認証済み 一年保障期間 YABER

ポイントは、電池容量が3,000mA、PSE認証済みという事で選択、値段も4,999円なので、純正よりも4,000円弱安いことになります。
しかも交換用フィルターが2個も付いているのでかなりお得です。

また、ついでに

Dyson(ダイソン) 純正延長ロングパイプ DC58 DC59 DC61 DC62 パープル [並行輸入品]

[ダイソン]Dyson DC59 DC62 Carbon fibre motorised floor tool ダイソン純正 カーボンファイバー搭載モーターヘッド【並行輸入品】

ロングパイプとモーターヘッドも購入しました。
これで、立ったまま掃除が出来るかな。
元々DC61にはロングパイプとモーターヘッドは付かなかったのですが、調べてみたら付くようです。

まとめ

DC61を捨てて、新しい機種を購入しようとすると、Dyson V7 Trigger (HH11 MH)が28,430円も掛かってしまう。
それをバッテリー交換(約5,000円)だけで快適に動くようになると思うととてもお得ですよね。

もし、既に電池容量が無く、すぐに電池が切れてしまう方はバッテリー交換に挑戦してみてはいかがでしょうか。
ドライバー一本、ネジ二本で交換出来ますので、気楽に出来るはずです。

今回は、DC61のバッテリー交換をしましたが、ご自身のもっているクリーナーもバッテリー交換が出来る可能性がありますので、是非、調査してみると良いと思います。

「ダイソン バッテリー」 で検索する。→ https://amzn.to/2AIBP5x