日記

個人的にハマっている美味しいと思うコーヒー3選!

個人的にハマっている美味しいと思うコーヒーを3つ程ご紹介させて頂きます。
美味しいと言っても人によって様々ではありますし、中々手に入らないモノでも困ってしまいますよね。

今回ご紹介するのは、コンビニやスーパーでも購入出来る、いわゆる普通のコーヒーの中から紹介させていただきます。

それでは、インスタントコーヒー、スティックコーヒー、ペットボトルの順番で紹介していきます。

  1. インスタントコーヒー編
  2. スティックコーヒー編
  3. ペットボトルコーヒー編

インスタントコーヒー

インスタントコーヒーでおすすめするのは、AGFの「MAXIM」か「ちょっと贅沢な珈琲店」となります。

こちらは、フリーズドライ方式のため、香りも良く、とても飲みやすいかと思います。また、冷めても粉っぽくならずにとても美味しいと思います。

インスタントコーヒーの製造工程

せっかくなので、少しだけインスタントコーヒーの製造工程を説明します。
工程としては、

コーヒー豆を焙煎→ブレンド→粉砕→ドリップ→噴霧乾燥or凍結乾燥→包装

となります。

コーヒーを豆で買ってくる方は多く、その場合はブレンド工程までですね。
もちろん、豆を挽いてもらってから購入する場合もありますね。
インスタントコーヒーは、ドリップした後、それを乾燥させて作る形となります。

ドリップした後の噴霧乾燥(スプレードライ)/凍結乾燥(フリーズドライ)について説明します。

噴霧乾燥(スプレードライ)

高温の乾燥筒の中に、高温のコーヒー液を噴霧して素早く乾燥させる方法で微粉状となる。
メリット:冷たい水にも溶けやすく量産性が高い
デメリット:製造時の熱によって酸味が揮発し苦味が強調され、香味もやや損ないやすい。
代表的:AGFブレンディ等

凍結乾燥(フリーズドライ)

コーヒー液をマイナス40℃以下で一度凍結させた後に細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方法。製品は2〜3mm程度の大きさで角が尖った粗い粒状となる。
メリット:スプレードライ法に比して香味は損なわれにくい
デメリット:製造に手間がかかるためやや量産性に劣る。
代表的:AGFマキシム等

インスタントコーヒーまとめ

恐らく、お店で売っているインスタントコーヒーで安いものは、スプレードライ式でちょっと高いのがフリーズドライです。
手間がかかる分だけ値段が高いことになりますね。

この機会にご自身の気に入っているインスタントコーヒーがどちらかを確認してみてはいかがでしょうか。(粉みたいなものはスプレードライ、塊が大きいやつがフリーズドライ)

スティックコーヒー

つづいて、スターバックスのVIAコーヒーです。
このコーヒーは、ドリップコーヒーとほぼ同等のクオリティで飲むことが出来ます。本当に美味しいので、飲んだことが無い方は試してみてくださいね。

VIAは色々な種類があるので、ご自身で選んでみてください。

VIAの製法

製法については、恐らく特許等の関係で公開されておりませんが、プレスリリースリリースより抜粋すると、

『スターバックス ヴィア® コーヒーエッセンス』は、スターバックス店舗と同様に、世界で供給されているコーヒーの上位3%に入る最高品質のアラビカ種コーヒー豆を使用しています。約20年の研究開発の結果、独自の製法を完成させ、添加物や保存料を使用せずにスターバックス店舗で提供するドリップコーヒーに引けをとらない品質と風味を実現しました。

公式サイトは こちら

という事で、非常にこだわり、作ったものとなっております。
最近ではカフェイン抜きのデカフェも出ておりますので、カフェインが苦手な方も安心です。

ペットボトルのコーヒー

最後に、サントリー プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション
無糖 750mlペット です。

これは、コーヒーハンターと呼ばれているミカフェートジャパンの川島 良彰さんが厳選した豆を使って作ったものです。

飲むと、まるでカフェで飲むアイスコーヒーを飲んでいるかのようで、他のペットボトルコーヒーや缶コーヒーがあまり美味しくなくなるので、覚悟して飲んだ方が良いと思います😅

このコーヒーを飲んでからは、毎年、暖かくなると箱買いして楽しんでおります。

まとめ

個人的にハマっている美味しいと思うコーヒーを3つ程ご紹介させて頂きました。
今回ご紹介したものは、インスタントコーヒー、スティックコーヒーそしてペットボトルのコーヒーとなり、いつでもどこでも購入出来るものとなりますので、気になったら是非、購入して飲んでみてくださいね。

今回ご紹介したものは、以下の通りとなります。

AGFコーヒー マキシム は ⇒ こちら
AGFコーヒー ちょっと贅沢な珈琲店 ⇒ こちら
スターバックスVIA ⇒ こちら
コーヒーハンターコレクション ⇒ こちら

参考文献

Wikipedia、日本インスタントコーヒー協会

0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

[s_ad]
PAGE TOP