SUBARU

アウトバックにイージーオープンキットの取り付け

こんにちは、TUKASAです。
今回は、1年前に取り付けをしたイージーオープンキットの長期レビューとなります。

取り付け車種

スバル 2019年式 アウトバックリミテッド BS9 E型

本体

コムエンタープライズ イージーオープンキット EOP003

コムエンタープライズさんの製品は、これだけではなく、痒いところに手が届くキットが沢山安く売っているメーカーさんとなっております。

公式サイトはこちら→https://cepinc.jp/cep.html

取り付け

取り付けは、自信があればご自身でも可能です。
取り付け説明書に従って配線するだけなので、カーオーディオ等がご自身で付けられる方であれば、ほぼ問題なく取り付け可能かと思います。

ただ、年式によって配線の色が異なったりするので、コネクタ形状を見て、説明書と違う場合は、ディーラー等に確認してから配線しないと、故障する可能性があるので注意が必要です。

イージーオープンキットが壊れるだけなら良いのですが、配線を間違えると、車の方にも影響がありますので本当に注意して配線してくださいね。

配線方法は、まねされると危ないので記載しません。
素人の方は、ディーラーにお願いすることをお勧めします。

ちなみに、今回取り付けにあたっては、バックドア開閉検知の配線をする際に、K i171コネクタK15の色が説明では薄緑/黒となっていたが、薄緑でした。(ディーラーに確認しました。)
※現在20200718時点の説明書を見ると、訂正されているようです。

といった具合に、新しい車に取り付ける際は、本当に気を付けて取り付けを行ってください。

センサーの取り付け位置は、ここにしました。
やっぱり、スタンダードな位置が良いかと思います。

使い勝手

荷物を持っている時には非常に便利に使えております。
また、他のアウトバックには無い機能なので優越感もありますね。

トラブル発生時の対応

実は取り付けしてから3カ月程度で機能しなくなってしまった。
しかしながら、コムエンタープライズさんに連絡するとすぐに電話でサポートが受けられて故障個所を診断することができました。

電話の指示通りにテスターを当てて故障個所を特定出来ました。
僕の場合は、コントローラー本体が壊れているだけで、キックセンサーは壊れてなかったです。

そして、壊れているユニットだけを交換してくれるという具合に、アフターサービスは最高の部類に入ると思います。

耐久性

純正ではないので、耐久性等は気になるところではありますが、壊れる場所は、コントローラーとキックセンサーだけなので、壊れたらそこだけ取り換えればまた使えるようになるので、問題ないと判断してます。

心配であれば、いくつか買っておくのも良いかもしれませんw

まとめ

取り付けは、自己責任となりますが、取り付けた後の便利さは最高だと思います。特に、箱買いしたジュース等をトランクに入れる場合等には最高です。

他にも沢山の便利なキットが売られていますのでHPをご覧になると良いかもしれません。

次はアイドリングストップキャンセルキットが気になりますね。

公式サイトで調べてamazonで買うか、公式サイトで買うかどちらでも可能ですね。

公式サイトはこちら→https://cepinc.jp/cep.html

公開:2020/7/19 更新:2020/11/8