ガジェット

amazon FireHD10【使ってみた感想】

amazonタイムセール中に1万円で購入したFireHD10、気になっている方もいるのではないでしょうか?
今回は、使い勝手や不満点、どんな人におすすめなのかについてお伝えしていきます。

起動

基本、電源ボタンを押すと起動します。
そして、画面の指示に従って、amazonのアカウントでログインする形となります。

FireHDは、amazon独自のOSで専用アプリのみインストールが出来るという仕様となっているため、PlayStoreは入っておらず、「アプリストア」と呼ばれるamazon専用のPlayStoreみたいなものを使ってアプリを入れていきます。

基本的なアプリは既にインストール済みで、主要なアプリは入れられるようになっております。

以下、動画とSNSのインストール出来るアプリを挙げます。

動画

ネットフリックス、GYAO、hulu、ABEMA、DAZN、プライムビデオ

SNS

twitter、Skype、TikTok、ZOOM

主要なものは入れられそうですが、専用端末となりそうですね。

質感と操作感

質感は、値段なりと言った所です。
側面と底面はプラスチック成型ですが、雑な作りはしていないので、持った感じはそこそこ良いと思います。

操作感は、思ったよりもヌルヌル動き、もっさりした感じはありません。

画質・音質

FullHDパネルと言う事で、十分な画質と思います。
ネットフリックスで映画も見て見ましたが、問題なく見ることが出来ました。
iPadと比較すると、画質面では劣るかなと感じますが、金額が違うので比較対象にはなりません。

スピーカーは2つ、下に付いている。
正直、音質は良くないが、ながら作業の時に映画を掛けておくにはちょうど良い感じがした。

画面を横にしてみた時に、スピーカーが下に2つあるという形となっており、縦持ちだと左側からしか音は出ない難点がある。
いずれにしても、お気に入りのイヤホンか、ヘッドホンで聞くことをおすすめする。

どんな人におすすめ?

  • amazonに依存している人
  • Kindleで雑誌をみる人
  • Kindleで本を読む人
  • 映画をBGM代わりに見たい人

使い方次第で、とても良い相棒になると思います。
また、これがタイムセールで約1万円であれば、非常にお得な買い物をしたと思います。