自動車

トヨタ【T-Connect】サービスが分かりにくい件

最近、新型ハリアーのカタログを何気に見ていたら、T-Connectサービスが分かりにくいので、簡単にまとめてみました。

最近のトヨタ車は、標準でディスプレイオーディオが付いているものが多いが、ナビゲーション機能は付いてないという事です。

ナビゲーションが必要かどうか

そこで、まず初めに選ぶのが、ナビを使うか、使わないかの選択となります。

使わないを選択した場合

「使わない」を選択した場合は、ナビキットの購入は必要ありません。
ディスプレイオーディオは、AppleCarPlayやandroidAutoに対応しているため、スマホを繋ぐことでナビゲーションは可能となります。

使うを選択した場合

「使う」を選択した場合は、今度は「T-Connectナビキット」か「エントリーナビプラン」のどちらを選ぶのかを選択することになります。

エントリーナビキット:66,000円

  • ナビ機能
  • ヘルプネット:事故や急病時に専用ボタンを押すと、専用のオペレーターにつながり、車両位置情報に基づいて救急車の手配が可能です。また、最近ニュースでも頻繁に報道されております「あおり運転」にあっている場合も警察へ通報してくれます。
  • eケア:警告灯が付いた時のアドバイスが受けられる
  • マイカーサーチ:ドアロックを閉め忘れた事をメールやアプリで確認が可能、また、ドアロックやハザードランプをスマホから操作出来る、そして、駐車した車の位置がスマホで確認出来ます。
  • マイカーサーチプラス(2,420円/年or220円/月のオプション):ドアのこじ開け等でアラームを検知すると、メール、電話及びアプリで確認が可能です。そして、車両位置の追跡や警備員の派遣が出来る。
  • リモートスタートアプリ(2,420円/年or220円/月のオプション):乗車前に離れた場所からエンジンスタートが出来る。リモコンエンジンスターターと同様の機能です。

T-Connectナビキット:110,000円

エントリーナビキットに加え、以下の機能が追加されます。

  • マップオンデマンド:新しい道路情報を自動で3年間自動で更新されます。
  • ハイブリッドナビ:ビッグデータを活用して最適なルートを探索してくれる。
  • エージェントサービス:OKグーグルやSiriみたいな機能で、目的地の設定等が出来たり、パワーウィンドウ、サンシェード、ワイパーといった操作が可能。
  • apps:好みのアプリをインストール出来る。天気予報やオービスの位置を教えてくれるアプリもあるようです。
  • オペレーターサービス(3,630円/年or330円/月のオプション):実際のオペレーターと電話で話をして、目的地の設定やロードアシストの取次を行ってくれる。
  • オペレーターサービスプラス(6,050円/年or550円/月のオプション):オペレーターサービスに加え、ホテルやレストランの予約、そして国内航空券の予約も出来てしまうサービス。まるでレクサスのオーナーズデスクのようです。

まとめ

ディスプレイオーディオにナビ機能は要らないが、ヘルプネット、マイカーサーチ及びオペレーターサービスが必要な場合は、T-Connectナビキットを取り付ける必要があるようです。

ただ、リモートスタートだけが欲しい場合は、リモコンエンジンスターターを付けることをおすすめします。ハリアーの場合、57,200円で付くようです。

だいぶ分かりにくいT-Connectサービスですが、如何だったでしょうか?
新車を購入する前に、この記事を読んでおけば、営業マンの説明もスッと入ってくるのではないでしょうか?

最後に、僕であれば、ヘルプネットが使えて、マイカーサーチプラスの機能が使いたいので、エントリーナビキットを選びます。
オペレーターサービスは、あまり使用しなかったので必要ないかなと思っております。

レクサスを10年程乗っておりますが、オペレーターサービスを使ったのは、10回程度かな?
ほぼ、グーグルマップで移動しているので、必要ないみたいです。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

引用元:トヨタ自動車HP