日記

PayPay【マイナポイント】登録完了。

みなさん、マイナポイントは申請されましたか?
マイナンバーカードを持っていてさらに、Paypay等のキャッシュレス決済を行っている方はさっさと連携してしまいましょう。

得する事はあっても損することはありませんから(笑)

さて、マイナポイントってなんのために行うのか?と疑問に思って事ありませんか?
おさらいしましょう。

マイナポイントとは?

マイナポイントとは東京五輪後の景気の落ち込みを防ぐ事業として始まりました。しかしながら、コロナ禍によってちょっと何だがわからなくなってますね。

もう一つ目的があり、マイナンバーカードの普及も見込んでいるようです。

産経新聞によると、マイナンバーカードの申し込み数は、2020.8.25現在で2,436万5,750人とのこと、そして、マイナポイントに申し込んだ人はわずか300万人とのこと。

これから増えると予想しているようですが、実際の所は分かりませんね。

メリット

簡単な登録作業で5,000円分還元されるというメリット。

既にマイナンバーカードとPayPay等のバーコード決済をしている方は、連携すべきだと思います。

今まで通り、バーコード決済すれば、自動的に還元されるわけですし、特にマイナス面は無いと思います。

躊躇している方は、迷わず登録しちゃってくださいね(笑)

デメリット

あるとすれば、登録をしないとならないということくらい。
でも、5分の労力で5,000円分もらえるのだから、もはやデメリットでもなんでも無いと思います。

登録方法

一番登録者数が多い、PayPayで説明します。

  1. マイナポイントアプリをダウンロード
  2. PayPayアプリを起動
  3. マイナポイントのアイコンをクリック
  4. 手順に沿って行う

これだけです。

1.Playストアか、APPストアに行って、「マイナポイントアプリ」を検索し、インストールしてください。

2.その後、PayPayのアプリを起動し、マイナポイントアイコンをクリックします。

3.あとは、手順に従って、進めてください。

4.利用方法を登録する画面での注意点としては、「チャージでもらうか、支払いでもらうか」を選択する必要があり、一度決めると後からは変えられません。

あまり考えたくない人は、「支払いでもらう」を選択すれば、今まで通り使っているうちに都度還元されるので、良いと思います。

僕も「支払いでもらう」を選択しております。

後から考えたのですが、いつもチャージしてから使うので、「チャージでもらう」でも良いかも知れません。

結論は、どっちでも良いという事。

5.マイナンバーカードを読み取るにはフェリカマークの中央をカードの中央に合わせる必要がありますので、ご自身のスマホのフェリカマークを確認してください。

6.これが最後の画面となります。
「同意・申し込み」をしてしまいましょう。

7.終了です!お疲れ様でした。

まとめ

如何だったでしょうか?数分で5,000円ゲットです。
本当にこれだけです。

僕の周りでは、「面倒くさいからやらない」とか「マイナンバーカードを入手するのが面倒くさい」とか言っている方もおりますが、マイナンバーカードについても簡単に申請(スマホでこれも5分程度ですか)出来ますし、何が面倒くさいのかよくわかりませんね。

しかしながら、申請するかしないかは個人の自由ですし、損するのも自分なので良いかと思いますが、せっかく国が(まぁ、我々の税金か)国民一人当たりに5,000円還元すると言っているのに何だか勿体ない話ですね!

PayPayのサイトで動画を使って説明もしているので、上の説明で不安であれば、動画もご覧ください。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

画像等出典元:PayPayホームページ

0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

[s_ad]
PAGE TOP