自動車

STONER レザークリーナー&コンディショナー レザークリーナー使用後レビュー

本革シートの手入れ、何かしてますか?
僕はめんどくさがりなので、使い捨ての本革シートクリーナー等を使用しておりましたが、量販店で「STONER レザークリーナー&コンディショナー レザークリーナー」を見かけましたので購入してみました。

どれだけ手軽に汚れが落ちて、保湿が出来るかレビューしていきます。

特徴

  • 石油系溶剤を使用していないので、本革本来の油分や水分を奪うことなく汚れを落とす。
  • 天然保湿成分が深くまで浸透し、潤いと柔軟性を与え上質な状態を保つ。
  • 高級ラノリンとミンクオイルを配合している。
  • UV劣化防止剤が日光や熱による色あせやひび割れを防ぐ。

使い方

  1. 塗布する表面の埃を取り除く
  2. 容器を振って、柔らかい乾いた布にスプレーする
  3. 優しく均等に塗り伸ばし、浸透させる
  4. 乾いた布で拭き上げる

注意点

塗布面が冷えている場合は、エアコンやシートヒーターで常温まで温めること。

使ってみた感想

使い方はとても簡単でよいと思います。
気軽にメンテナンスが出来るので買ったよかったと思います。

塗布した後も、シートがあまり滑らないので好感触です。
今まで使用していた本革シートクリーナーは、塗布後、滑るので結構嫌でした。

艶感は、あまりなく、ナチュラルな感じで仕上がるので好き嫌いが分かれるかも知れませんが、僕は好きですね。

また、保湿もちゃんとされているようで、触った感じで、保湿されたことが分かります。

塗布前
塗布後

汚れ落とし性能については、思ったほど無いかも知れません。
試しにジーパンの青い汚れを拭いてみましたが、あまり落ちませんでした。
若干薄くなった程度。

洗浄前
洗浄後

まとめ

気軽に本革シートの手入れをしたい方にピッタリだったと思います。
僕にもピッタリでした。

何と言っても埃を払って、塗り広げて、乾いた布で拭き上げるだけで、ここまで綺麗になるのですからね。

実は、以前、某メーカーの本革シートクリーナーを使用しておりましたが、洗浄工程とコーティング工程が別々のもので、週末に気軽に出来るものではありませんでした。

それに比べると、何かシートが汚れたなと思ったときにすぐに出来る手軽性は本当に良いともいます。

また、アメリカンサイズで容量たっぷり、これなら一生使えたりして(笑)

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。