ガジェット

amazon【Echo Auto】購入後レビュー

2020.9.30に発売された「amazon Echo Auto」を早速購入しましたのでレビューしていきたいと思います。

実は、海外ではかなり前から発売されており、ずっと前から早く日本に来ないかと心待ちにしておりましたが、忘れたころにやってきた感じですね(笑)

Echo Auto自体は通常のEchoスピーカーと機能は変わりませんので、「アレクサ」と話しかけることで色々な操作をしてくれるというスマートスピーカーとなります。

付属品

  • 本体
  • エアベントマウント(エアコンの吹き出し口に取り付けるマウントで、本体とマウントはマグネットで取り付け可能となっていて、取り外しが簡単です。)
  • 車載電源アダプター(シガーソケットからUSBに変換するもの)
  • AUXケーブル(3mmのオーディオジャックケーブルで、bluetooth接続が出来ない車向けのケーブルとなります)
  • MicroUSBケーブル(本体の電源ケーブル)
  • 説明書

セットアップ

お手持ちのスマホに予めアレクサアプリを入れておくとスムーズにセットアップ出来ます。

まず、本体を電源に接続してください。そうすると、アレクサが「セットアップが出来ます」とか言うのでそのまま待ちます。

次に、アレクサアプリを立ち上げ、右上にある「+」ボタンを押してデバイスを追加して行きます。

ここでは「デバイスの追加」をクリックします。

セットアップするデバイスの種類は、「amazon Echo」を選択します。

更に詳細デバイスを選択する必要がるので、ここでは「Echo Auto」を選択してください。

警告表示が出ますが、「次へ」をクリック

セットアップの画面が出るので、「次へ」をクリックします。

しばらくすると、近くにあるデバイスが検出されるので、「Echo Auto 035C」をクリックします。

表示を確認し、「次へ」をクリックします。

bluetoothとのペアリングの要求が来るので、「OK」を押します。

しつこいようですが、こちらも「OK」をクリックします。

この車には、bluetoothでスマホを接続して音楽を再生する装備がありますか?と質問されるので、選択してください。
僕は、スマホと車をbluetooth接続しているので「はい」をクリック

カーステレオとの接続をチェックをします。
再生ボタンを押すと、音が流れますので、確認出来たら、「次へ」をクリックします。

色々と許可するかを聞いてきますので、全て「許可」します。

これで、セットアップ作業が完了です!

本体をエアコンの吹き出し口に取り付けし、完了です。
本体は小さいので、ご自身の好きな所に取り付けしてください。
ケーブルの取り回し上、逆さになりました(;^_^A

感想

やはり、運転中に「アレクサ」が使えるのは非常に便利でした。
音声認識も通常のエコー製品と同様に良く出来て、音楽を再生中でもきちっと認識してくれます。

ここは、本当に便利ですね。

よく使うキーワードは、

  • アレクサ、ジャズをかけて。
  • アレクサ、今日の天気は?
  • アレクサ、今日のニュースは?

でしょうか。

ちなみに、アレクサはバックグラウンドで実行されているので、グーグルマップ等で道案内をしている時でも問題ありません。

デメリット

  • Amazon Music Unlimitedのエコープランには現在対応してないので、380円/月で聴くことが出来ない。
  • 「アレクサ、何が出来るの」と聞くと、アレクサがしゃべる「アレクサ」に反応して案内が停止してしまう(笑)通常のエコーでは問題ないのに、オートはダメです(笑)
  • 配線が邪魔(バッテリーを搭載していれば、良かったなと思います)
  • MicroUSBであること

メリット

  • ハンズフリーで色々な操作が出来ること
  • 大きさも小さいため、設置場所に困らない
  • 価格が安い(4,980円)

まとめ

最新の車では音声アシスタントが予め搭載されていて、メルセデス・ベンツ搭載の「MBUX」、BMWの「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」、「CarPlay」、「Android Auto」が使える車もありますが、自宅のアレクサと連携出来るのは、このEcho Autoだけだと思います。

Echo Autoを利用して、家のエアコンを付けたりできるのも魅力の一ですし、音声認識精度はかなり高いので、ストレス無く操作できることも魅力だと思います。

僕の車みたいに少し古い車に乗っているかたは、このデバイスを追加する事で、未来を少しだけ感じられるかも知れませんね。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

[s_ad]
PAGE TOP