ガジェット

Huami【Amazfit GTR2】が欲しいと思った理由(発売済み)

Huami(ファーミ)からAmazfit GTR 2が2020/9/24に発表されました。
そして、グローバル版が10/30に発売され、日本でも既に発売されております。

グローバル版からは、amazonアレクサが搭載され、さらに魅力的になりました。
これはもう買うしかないと思っております(笑)

Huamiという会社を知らないひとは、まず、こちらをご確認下さい。
簡単に言えば、Xiaomiのサプライヤーです。

特徴

  • 1.39インチの高精細AMOLED
  • 血中酸素検出機能(SpO2センサー)
  • 心拍数計測
  • 12のスポーツモード
  • 5ATMの耐水性
  • バッテリー寿命(14日間)
  • 通話も可能
  • 本体ストレージに最大600曲保存が可能
  • 睡眠トラッキング
  • PAI計測
  • 豊富な文字盤
  • amazonアレクサ搭載←グローバル版で追加されました!

通常のスマートウォッチに搭載される機能はもちろん搭載されており、今流行りの血中酸素検出も出来るようです。

また、アルミとステンレススチールの2種類から選択できます。

オフィシャル動画もご覧頂くと、非常に美しいことがわかりますね。

欲しい理由3点

  1. 腕に付けるものなので「時計」として美しいものであること。
  2. 動画や写真で見る限りは非常に高精細でまるで本物の時計のように見える。
  3. スマートウォッチの機能はMi Band 5で十分なので、デザイン的に美しいものが欲しい。

※Samsungが最近発表した「Galaxy Watch 3」も魅力的なのですが、お値段が4万円とお高いのと、バッテリーの持ちが約2日程度しかないのが難点。もちろん、良い事は分かっておりますよ。

そして、amazfit GTR 2の金額は、グローバル版で$179.99~となっており、日本円換算すると104円換算で19,000円~程度です。

2020/11/17追記:ついに日本で発売されました。amazonでは無く、楽天市場で販売されましたが、グローバル版よりもさらに高くなってます😅
どういう事?

・クラシックエディション 32,800円
・スポーツエディション 29,800円

まとめ

中国版やグローバル版に比べ、日本版はとっても高くなってしまいました。
理由はわかりません。
機能追加もグローバル版に比べても無いようなので、一体どういう事なのかはわかりませんが、美しく魅力的な時計であることは変わらないと思います。

実際に手に取ってみないとクオリティはわかりませんが、写真や動画を見る限りでは非常に美しく、AppleWatchにも匹敵するようにも見えますので、その辺のレビュー記事もご覧頂ければ嬉しいです。

amazonアレクサも搭載され、本当に魅力的になりました。
ただし、現時点では、日本語には対応してなく、アップデートで対応する事を期待しております。

購入後のレビュー記事は ⇒ Amazfit GTR 2 Classic購入後レビュー

AMAZFIT公式 楽天市場店
  • アルミニウムケースのスポーツエディション ⇒ こちら
  • ステンレスケースのクラシックエディション ⇒ こちら

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

写真出典元:https://cn.amazfit.com/gtr2.html

公開:2020/10/5  更新:2020/12/11

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。