SUBARU

新型レヴォーグのコーティングを考える

色々と考えることが多いのが車を買ったときの良い所の半面、お金が掛かるのもまた事実。車を買う時には、+αの金額を持っておくことが大事になりますね。

さて、今回の悩みはカーコーティングです。
新車購入時には、必ずおすすめされるガラスコーティングですが、皆さんはディーラーで施工してもらっておりますか?

ちなみに僕は、いつも(いつもでは無いが大抵)ディーラーでは施工しないようにしております。
理由は2つあって、①値段が高いこと②コーティング品質が気になる事からいつもしないようにしております。

②については、以前、一度だけ3MのウルトラグラスコーティングNEOを施工して頂いたことがありましたが、ガラスコーティングの特徴を知らなかった為に、水ジミが多数付いてしまい大変な思いをしたトラウマが忘れられません。

もちろん、ディーラーで施工したことが悪いのではなく、ガラスコーティングの特徴を知っていなかった僕が悪いのですが、あの時は本当に悔しい思いをしました。

そのため、雨ジミの付きにくいコーティングを見つけ、自分で施工しておりました。ちなみに、僕がおすすめするコーティング剤は、株式会社ワンダックスの「WONDAX-V」です。

http://www.wondax1.com/v.html

これをコーティングし、さらにオーバーコート剤(適当なもの)を塗って完成です。正直、これだけで水ジミも付かず、全く問題がありませんし、満足しておりました。

WONDAX-Vは⇒こちら
WONDAX-Vの詳細は⇒こちら

しかしながら、たまにはプロの施工も試してみたいという気持ちがあり、色々と調べてみた結果、キーパー技研の「キーパーコーティング」にたどり着きました。

それでは、特徴や価格を見ていきましょう。

特徴

キーパーコーティングの種類は全部で4種類あります。
クリスタルキーパー、ダイヤモンドキーパー、Wダイヤモンドキーパー、EXキーパーとなっております。

まず、ガラスコーティングのメリットは、ツヤを出す事と傷が付きにくくなる事ですが、デメリットとしては、水ジミが付きやすくなることです。

そして、レジンはツヤを深め、水ジミを付きにくくする効能があるようです。

キーパーコーティング全般は、ガラスコーティングの上にレジンコーティングを行い、ガラスコーティングのデメリットを補うようになっているのが特徴です。

これは、水ジミにも強そうで大変助かりますね!

金額

金額は、サイズによって異なりますが、レヴォーグは「L」サイズとなるようで、クリスタルキーパーであれば、2万円程度で施工できることになります。

また、EXキーパーはさらに高いですが、一生に一度はやってみたいものです(笑)
よほど、お金がたまったら是非ともやってみたいものです。

そして、新車は特典があり、新車登録から6か月以内であれば5%引きという特典があるようです。さらにwebから予約すると5%引きとなるので、合計10%引きになるのでかなりお得感がありますね。

これは、もうやるしかない!って感じですね。

納車日が確定したら、早速予約しましょうかね。

予約方法

キーパーホームページより、「予約をする」ボタンを押して店舗を選択し、必要事項を記入して予約完了となります。

予約後、電話が掛かってきて、最終的に完了となります。

まとめ

約2万円程度でプロの施工が受けられると言うことで、今回は受けてみようと思っております。
もし、皆さんも気になっていたら近くのキーパーラボを見つけてみては如何でしょうか。

ガソリンスタンドでも実施していますが、やはり、ちゃんとしたブースのあるキーパーラボが良いと思います。(同じ値段ですし)

また、実は、2020/10/22にキーパー技研よりプレスリリースされた記事があり、何と、スバルディーラーでキーパーコーティングが出来るように順次なるとのこと!これは驚きです(笑)

詳細は、プレスリリースをご確認下さい⇒こちら

なお、施工後の感想は、実際に施工が完了した後、また報告したいと思います。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

画像出典元:キーパーホームページ

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。