SUBARU

コネクテッドサービス【SUBARU STARLINK】とは?

つながる安全「SUBARU STARLIK」はどのようなサービスなのか、実際に何が使えるのかについて説明して行きます。

コネクテッドサービスと言うと、レクサスオーナーズデスクや、トヨタコネクテッドサービスを思い浮かべる人もいるのでは無いでしょうか。

「SUBARU STARLINK」はスバル初という事もあり、かなり出来る事が限られており、緊急時の安全という事だけに焦点を置いたサービスとなっているのが特徴です。

特徴

車載通信機器(DCM:Data Communication Module※)を搭載し、24時間365日コールセンターとつながっております。

※DCMは高速データ通信と音声通話が可能な車載通信モジュールであり、テレマティクスサービス専用に開発された車載タイプのインテリジェント通信モジュール。
そのため、DCMが搭載されている事によって、スマホや携帯が無くても通信が可能となります。

基本機能<無料>

リコール情報がある場合に、クルマのディスプレイに表示します。車載通信機のソフトウェアを自動的に最新版にアップデートします。

SUBARUつながる安心パッケージ<有料>

先進事故自動通報(ヘルプネット)

エアバッグが展開するような衝突事故発生時に自動的にコールセンターにつながり、緊急車両やドクターヘリの要請を行います。

SUBARU SOSコール

急な体調不良で運転が困難になった時や、あおり運転を受けた時など、緊急時に車内の“SOS”ボタンを押すだけで コールセンターにつながります。

SUBARU iコール(安心ほっとライン)

急な故障の際などに、車内の“i”ボタンを押すとコールセンターに接続。ロードサービスの手配などをオペレーターがお手伝いします。

故障・トラブルをお知らせ

故障などでクルマの警告灯が点灯したときに、アプリやEメールでお知らせします。盗難警報装置作動時に、アプリやEメールでお知らせします。

料金

新車で購入した場合、5年間は無料となっております。
その後は、5,500円/年掛かかるようです。

申し込み方法

マイスバルから登録が出来るようです。
マイスバルのアプリをダウンロードし、「STARLINK利用申し込み」から登録する形となります。

但し、車検証が必要になるので、購入後の申し込みとなります。

詳細はスバルのページに詳しく記載されております。⇒ こちら

まとめ

レクサスやトヨタのコネクテッドサービスと比較すると、出来ないことが多いですが、恐らく年々アップデートしてくのでは無いかと思われます。

深化して欲しいポイントは、

  • 鍵の閉め忘れの通知
  • 駐車位置の検索
  • オペレーターによる目的地設定
  • オペレーターによるレストランの予約
  • オペレーターによるホテルの予約

この辺までは、オプション設定して欲しいものですね!

関連記事