イヤホン

BOSE【QuietControl 30】 wireless headphones修理方法について

2019年2月に購入したBOSE「QuietControl 30 wireless headphones」が壊れてしまいました。

症状は、左側のイヤホンからバリバリとノイズが出てしまい、音楽を聴くどころではない状態になりました。恐らく断線かなと思われます。

当然、購入から1年以上が経ち、保証期間は過ぎているため無償交換は無理かと思いますが、BOSEへ修理リクエストをしたところ、驚くべき結果が出ました(笑)

修理方法

BOSEのホームページ上の「サポート」より、「サービス、修理のお申込み」を選択します。

次に、イヤホンのシリアル番号を確認したら、「サービスリクエストを送信する」の下にある欄にシリアル番号を入力します。

ちなみに、本製品は、箱と保証書に記載があり、本体には書いてないので無くしたら終わりです(笑)

シリアルナンバーを入れて、症状を記載(左側のイヤホンからバリバリと異音がします。断線かと思われます。)し、送信した所、

なんと

無償交換してくれるようです(笑)

住所等を入れて完了しました。
2週間程度で新品が届くようです!ありがたい!

まとめ

故障してしまうと、大体のメーカーは廃棄するしかないですが、BOSEについては交換修理対応が非常に良いので、一度購入すれば一生使えると思います。

古い商品だと、代替品が安く購入出来たりするので、一度買うと飽きるまでは使い続けることが出来る非常によいメーカーだと思います。

今までも有線イヤホンが断線した場合も代替品に交換して頂いたこともあり、最高です。

もし、皆さんもBOSE製品を持っていて、故障してしまったら、修理依頼してみては如何でしょうか。

何だかんだ担当者と電話でやり取りする必要が無いのも使いやすいですよね。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

BOSEの修理ページは ⇒ こちら

画像出典元:BOSE(サービスおよび修理のリクエスト)ページ