自動車

衝撃!クラウンセダン生産終了!?

2020年11月11日に中日新聞からニュースが出ましたね。

  • トヨタ「クラウン」がセダンの生産を現行型で終了
  • 2022年にSUVに似た形の新型車を出す方向で最終調整に入った

引用元:中日新聞

toyota.jp

非常にさみしいニュースですよね。
2018年にはマジェスタが生産終了し、まさかクラウンセダンは続けてくれると思っておりましたが誠に残念。(クラウンという名前は残りそうですが)

日産のセドリック・グロリアが2004年に生産終了した時も衝撃でしたが「クラウンお前もか」って感じですね(笑)

セダン好きな僕としてはさみしい限りです。
ただ、トヨタの公式ではまだ発表していないので、真実はわかりません。

昔の思い出

このニュースを受けて、少し昔のことを思い出しました。
今から22年前、僕がセドリックY32を乗っている時代にATが壊れて1ヶ月程入院した時がありました。
その際、父のクラウンロイヤル2.0スーパーチャージャーを借りていたことを思い出しました。

かなり速く、快適だった記憶があります。そして、燃費がとんでもなく悪かった記憶も蘇ってきました。4~5km/ℓ位だったかな(笑)

昔はガソリンも安くてあまり気にはならなかったですが、今考えると燃費悪いですね!

また、今でも父はマジェスタに乗っている程クラウン愛が強いのでこのニュースは衝撃だろうなぁ。と思っております。言わんとこう(笑)

「いつかはクラウン」と言う世代ですからね~

次期クラウン〇〇の予想

それにしてもSUVのような新型車ってどんな形なのか想像してしまいますね。
名前はクラウンを残すような感じなので、「クラウンクーペ」ですかね(笑)

SUVに似たクルマの形って言ったらね、そうですよ。これがありました。

メルセデスGLEクーペ、BMW X4、アウディe-tronです!

この形、実物を見ると、とても迫力があるんですよね!デカい!って感じがして、とてもステキ(笑)

メルセデスベンツ
BMW X4
アウディe-tron

でも、この形はあまり見ないので、正直、売れているのかは不明。
というか、値段も高いので仕方ないかな。

どんな形になるのか、今から本当に楽しみでなりませんね。

まとめ

今年も残すところ一ヶ月半となってしまいました。カーオブザイヤーの10ベストカーも選出され、今年も終わりかーって感じです(笑)

個人的には僕も購入させて頂いた新型レヴォーグにカーオブザイヤーを取って欲しいですね(笑)

さて、今回は「クラウンのセダンが生産終了」という事で思い出話から今後の希望まで独断と偏見で書いてみましたが如何だったでしょうか。

今年は色々なことが変わったと思いますので、時代の流れに合わせた生活をしながら来年も、再来年も楽しく生きていきましょう。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。