SUBARU

新型レヴォーグ【栃木スバルで特別展示会開催】~11/17

栃木スバルさんにて「特別展示会」を開催中で、なんと、2台のSTIを色違いで見ることが出来ますよ。

現在は、栃木スバル足利店にて展示会を行っている状況となっておりますので、本日、足を運んでみては如何でしょうか。

展示会には、多くの方が来場されていて、コロナ対策もしっかりと行いながら実施しています。
また、外の展示場で行っているので気を使いながら実施している様子が見られました。

さて、受付を済ませて早速見てみました。

展示されていた車両は、クリスタルホワイト・パールとWRブルー・パールの2種類のSTIスポーツEXでした。

クリスタルホワイト・パールの方が「スマートリヤビューミラー」が搭載されていたので、最上級グレードかと思います。

2台もSTIが並んでいるなんて思ってもいませんでしたので、とても驚きました。

展示会では、実際に座ったり、ハンドルを握ったり、センターディスプレイを触ったり出来ました。

やはり、見るのと触るのでは大違いですね(笑)

座った感想

見た目は固そうですが、実際に触ったり、座ってみると、とても柔らかいシートで、気持ちの良いシートである事がわかりました。

また、サポート性も良くて、これは長距離運転でも疲れなそうなイメージです。

気になった点としては、2点ありました。

  • 太もも部分のサポートが高いので乗り降りしづらい(これは仕方ないか)
  • フロアカーペットの厚みが薄く底付き感がある(アウトバックも薄いのでこんなものかな。個人的にはもっと毛足の長いふかふかしているのが好み)

内装の感想

センターディスプレイの反応はちょっと鈍い感じ、古いタブレットのような感じで、今のスマホのようにはサクサク出来ないようですね。
ただ、大きいので迫力満点!とても満足しました。

メーターディスプレイについてもタコメーターとスピードメーターがかなり高精細に描写されていて、まるで本当のアナログメーターに見えるかも(笑)

ハンドルも握り易く、回しやすそうでした。

ドアの閉めた時の音も結構良かったですし、閉まりも良くなっている感じがしました。とても立て付けの良いドアと言う感じです。

ドアチェッカーもそう言えば構造が変わっているんですね。
ラバー式からコイルスプリング式に変わっているようで、ドアが閉まる直前まで高い反力でアシストするようです。

確かに自動的に閉まるようなイメージでとても楽でした。

まとめ

やはり見るのと触るのではとても違います!是非ともこの機会に触れてみてくださいね。中々、STIが2台展示されるのは今後も無いのではと思います。

いずれにしても、僕は納車までもう少し。
早く手に入れて楽しみたいですが、すぐにスタッドレスタイヤを履かなければならないのが何ともさみしい。

早く、春になればいいのに(笑)

撮影協力:栃木スバル足利店

関連記事