ガジェット

TaoTronics(タオトロニクス)【SoundLiberty Pro S10 】レビュー

タオトロニクスから新たにインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンが(2021.4.23)発売されました👍
インナーイヤー型の最新版ということで、早速レビューして行きたいと思います。

いままで、TaoTronicsのインナーイヤー型イヤホンを歴代「SoundLiberty92、SoundLiberty88」を使ってきてとても良かったため、今回もかなり期待しております。

ちなみに、今では「SoundLiberty92、SoundLiberty88」はすでに購入出来ないため、TaoTronicでインナーイヤー型を購入する場合はこの製品一択となり、選択肢が無いのは少し寂しいですが、コスパを考えると仕方無いですかね。

また、タオトロニクスって会社はどうなの?と思っている方もいると思いますので、先日レビューした記事にも記載しましたが、改めて記載しておきます。

購入したモデルは → こちら

TaoTronics ?

聞いたことない人もいるかも知れませんが、このメーカーはアメリカで2008年に設立された、オーディオ・家電ブランドです。

アメリカからスタートし、現在では日本、ヨーロッパ、アジアなど、グローバルで展開している既に12年も続いている家電メーカーとなります。

僕が初めて購入したものは、2017年に購入したBluetooth イヤホンでした。
このイヤホンを期に、TaoTronicsというブランドが好きになりました。

タオトロニクスの製品は、イヤホン以外にも携帯扇風機等も購入しておりますが、2年間壊れておりません。

もちろん、個体差はあるのかも知れませんが、amazonで販売している格安イヤホン等メーカーサイトもないようなものを購入するよりは、絶対に良いと思います。

とても信頼性のあるメーカーだと思っております。

外観

ケースはマット塗装で艶はありませんが、とても質感の高い感じとなっております。
触り心地は気持ちいいですね。
蓋の開閉の質感は悪くはないですが、もう少し重厚感があると良いかなと思いました。
また、充電は、他モデル同様にUSB-Cで可能となっているのは◎

イヤホン本体は、女性受けしそうなデザインでキラキラしてます😁

スペック

今までの「SoundLiberty92、SoundLiberty88」のコーデックはSBC/AACのみ対応していましたが、今回は「aptX」にも対応したため、より低遅延での伝送が出来るようになっているようです。
ゲームを行うのに向いております。
YouTubeを見るくらいであれば、SBCでも十分だと個人的には思います。

製品名 : SoundLiberty Pro S10
イヤホンタイプ : インナーイヤー型
Bluetoothチップ : QCC3020+D4P
Bluetoothバージョン : Bluetooth 5.0
Bluetoothプロファイル : A2DP, AVRCP, HFP, HSP
Bluetoothコーデック : AAC / SBC / aptX
装着方式 : 完全ワイヤレス
通話ノイズキャンセリング : AIノイズキャンセリング
充電端子 : TYPE-C
イヤホンバッテリー : 35mAh*2
充電時間 : 1-2H
再生時間 : 単体4H(80%音量) / 20H(合計)
防水 : IPX7
ホールスイッチ : はい
接続距離 RF : 10m
Bluetooth周波数帯域 : 2.402~2.480GHz
ドライバーユニット : Φ12
イヤフォン(左右各)重量 : 4.3g
総重量 : 42g
イヤホンサイズ : 46.30×20.0×17.06mm
ケースサイズ : 58.4×50.5×22.5mm

音質

試しにTHE CHAINSMOKERSのDON’T LET ME DOWNを聞いてみた結果は、

  • 低音は良く出ている。
  • 高音は籠っていない。
  • 音場は他モデルよりかは広い。
  • 解像感は他モデルよりある。
  • Youtubeは非常に聞きやすい音質である。
  • Podcastも非常に聞きやすい音質である。

と言う結果で、「音質・音場」共に、歴代のSoundLiberty以上なのは間違いありません👍
また、歴代に比べ高音部も出るようになったので、音の解像感が上がったようにも感じます😁

歴代SoundLibertyと同様に、喋りを中心の動画などを見るのであれば、十分満足できると思います。

使い勝手

今回のSoundLiberty Pro S10から加わった機能として

  • 音声コントールでハンズフリーを実現
  • コントロールパッドにも対応
  • 急速充電にも対応。

がありますが、

音声コントロールは、とても感度が良くて使いやすいです。
ただ、ヘイ!TT!って😀

コントロールパッドは便利になりました。

急速充電も助かる。
5分の充電で1時間持つというのはとても良いですね!

おすすめする人

  • カナル型が嫌いでインナーイヤー型が好きな人
  • 音質はそこそこで良い人
  • コスパに優れた製品が欲しい人

おすすめできない人

・音質について究極にこだわっている人
・AirPodsやBoseを持っていて、アップグレードしたいと思っている人(さすがに値段が違うのでアップグレードにはなりません)
・bluetoothの接続距離がAirPods程長くないので、離れて使う人には向かない。公称値は10mとなっている。

まとめ

SoundLiberty シリーズは非常に完成度の高い製品だと思います。
流石、タオトロニクスと言った所ですね👍
歴代モデルよりも若干値段が高いことが気になりますが、音質も確実に向上しているため良いかも知れません。

セールを行っている時に購入出来ると良いかも知れませんね👍

購入したものは → こちら

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです🤗

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです👍

関連記事

0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

[s_ad]
PAGE TOP