ジムニーシエラ

【ジムニー シエラ】MT用のクラッツィオ製フロアマット購入レビュー

前回の記事で、ジムニーシエラを購入した事をお知らせしましたが、アクセサリー類を何も付けてない状態での購入となりましたので、1から揃えようと思います。

もし、良いアドバイスがありましたらよろしくお願いしますね👍

購入するもの

ベーシックアイテム

これが純正のフロアマットですが、それなりに高いですね😅

僕の使い方としては、軽い林道や河川敷がメインなので、汚れても良いラバータイプが欲しいところです。
純正から選ぶとすれば、106 フロアマット(トレー)14,300円ですよね。

検討したフロアマット

購入するにあたってのポイントは、以下の通りとします。

  • 砂が隙間から入りにくい事
  • 汚れても水洗いが可能な事
  • リーズナブルな事

Cartist製3Dフロアマット

一つ目は、3Dフロアマット
いくつか同じような商品がありますが、Cartistさんの3Dフロアマットをチョイス

選定のポイント:

  • 隙間なく立体整形されている
  • 水洗い可能である
  • ホームページがあるり信頼出来る → こちら
  • サクラチェッカーでも合格している
  • 値段も10,000円程度でありリーズナブル

クラッツィオ製 立体マット Newラバータイプ

こちらは、有名どころのメーカーですね。

選定のポイント

  • 隙間なく立体整形されている
  • 水洗い可能である
  • ホームページがあり信頼出来る → こちら
    • シートカバーでも有名ですね👍
  • 値段も10,000円程度でリーズナブル

今回購入したもの

他にも沢山のフロアマットがありますが、正直、迷い過ぎてくたびれました😅

と言うことで、今回、僕が購入したものは、クラッツィオ製のものにしました👍

最大のポイントは、水洗いが可能なのにも関わらず、見た目に高級感がある事です。
Cartist製も悪くありませんが、見た目が結構無骨ですよね😅
無骨さが好きな方はCartist製かも知れませんね。

設置写真

さすが専用設計です👍
ピッタリと合うので非常に気持ちいいですね。

また、運転席側には滑り止めの金具が付属されているので、これも良いポイントですね。
なお、純正のマットを購入している方は元々付いているかと思いますので不要かと思います。

まとめ

人それぞれジムニーの使い方がありますので全ての人におすすめ出来るわけではありませんが、軽いオフロードのみで、普段はオンロードと言う方にはおすすめ出来る商品だと思います👍

納車後約500km程度走りましたが、運転中にずれることもなく、非常に快適に使用出来ていて、とても良い製品だと感じることが出来ました。助手席側も全くずれる様子はありませんし、同乗者からの不満も出ませんでした。

今回、人生で初めて社外品のフロアマットを購入させて頂きましたが、クオリティが非常に高くて満足出来るものでした。
ジムニー以外でも車種別専用設計のフロアマットが沢山ありますので、ディーラーオプションをお考えの方も一度社外品を探してみるのも一興かと思います👍

おそらく、僕はこの先純正マットは買わないかも知れません😆
あ、もちろん、レクサスとかだと話は違ってくるかも知れませんが・・・😅

以上、フロアマット選びで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです🤗

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです👍

関連記事

#01 スズキ【ジムニー シエラ】JB74Wを購入しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。