ジムニーシエラ

【ジムニー シエラ】にヘッドレストホルダーとボンネットインシュレーター」取り付け

今回は、ジムニーシエラにヘッドレストホルダーとボンネットインシュレーターを取り付けしました👍

実は後席は殆ど使用しないので、後席を倒して荷室として使っており、ヘッドレストは物置にしまっておりました😅
ところが、たまたま人を後席に乗せる機会があったため、やはり物置ではなく、車の中に置いておくことが大切であることがわかり、購入することとしました👍

ヘッドレストホルター選定

ヘッドレストホルダーは、無名のブランドも沢山出しており、特にこだわりは無かったのですが、今回は、ジムニー専用パーツでお馴染みの星光産業さんの「車種専用品 ジムニー/ジムニーシエラ専用 EXEA ヘッドレストホルダー EE-223」をチョイスしました。

チョイスした理由としては、他の似たようなモデルよりも見た目と機能性(ヘッドレストのシャフトのスタンドや、固定クリップの保管場所があること)が優れているので決めました👍

取り付け

取り付け方法は、いたって簡単にインストール出来ます。
付属品は、ご覧の通りで、必要なものは揃っているので、改めて工具を用意する必要がない所も良いですね。

荷室にあるプラスチックのネジを外し、付属のボルトで取り付けるだけとなります。
フロントと書かれている方を前に設置して完了ですね。

取り付ける前に、荷室のプラスチックのネジを写真のように入れて、しまっておきましょう。
こういった配慮が日本ぽいですね😁

取り付けると、こんな感じになります。

ヘッドレストを入れたところの写真となります。
ガタガタする雰囲気は少しだけありますが、大丈夫だと思います👍
ガタガタする場合は、両方のシャフトをマジックテープか何かで留めることで解消出来ると思います。

ボンネットインシュレーター

こちらは、静粛性への効果はあまり期待出来ないようですが、エンジンの熱でボンネットの塗装が焼けても嫌だなと思い、導入しました👍

ただ、amazonで購入すると、大体6,000円位するので、僕はAliexpressで購入しました。
25$でしたので2,800円程度かな?

納期はその代わり2週間位は掛かってしまいますが、そんなに急ぐものではないと思うので良いと思います。

残念なところと言えば、三つ折りで来るので、色々なところが凹んだりしてますが、気にしない気にしない😅

AliExpressで購入した商品は → こちら
沢山あるので選んでも良いですが、悩みたく無い人はクリックです😅

直ぐに欲しい方は、SUNVICさんから出している物が有名かなと思います。 → こちら

取り付け

取り付けは、こちらも至って簡単で、付属してくるプラスチックのネジで留めるだけなので、誰でも簡単に装着することが可能です。

余っていたシンサレートを貼っておきました。少しでも消音となる事を祈って・・😅

はい、完成となります👍
非常に簡単ですね。

効果

静音効果は、正直わかりません。無いのでは😅
ボンネットの暖かさはかなり軽減されたと思います。エンジンを掛けていても熱くなりにくいと感じます。
熱は遮断されていることは間違いなさそうですね👍

まとめ

まず、ヘッドレストホルダーは専用設計と言うこともあり、とても雰囲気よく取り付けることができて非常に良かったと思います👍

ボンネットインシュレーターは、ジムニーに長く乗りたい方はつけておく方が良いオプションでは無いかと思います。塗装の痛みが少しでも遅くなれば良いなと思っている次第です。
他の車種は純正で付いている装備なので、付けて損は無いものだと思います。

ジムニーJB64/JB74はカスタムがとても多く、困ってしまいますね🤣
今度は何をしようかなと今からワクワクしてます。
お金がいくらあっても足らないジムニーLIFE、とても素晴らしいですね😅

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです🤗

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです👍

関連記事