SUBARU

【新型レヴォーグ】アイサイト異常発生

ついに僕のレヴォーグでも出てしまいました🤣
走っていると、急にアイサイトの異常のアナウンスが流れてびっくりしてしまいました。

スバルさん、びっくりするから、止まった時にアナウンスするようにしてくれませんでしょうか?
って思いました😅

この異常は、多くのユーザーが発症するらしく、ステアリングのタッチセンサーの問題のようです。
新型レヴォーグワクチンでも作って発症しないようにしてくれたらいいのにね😁

また、アプリ上でも警告がでて、スターリンクからもメールが届きました。

不具合発生時の動画

不具合の内容

この不具合はネットで検索すると、同じような方が多数いるようです。
ネットで報告する方は、本当に一部の方だと思うので、同じような方は結構居るんだろうなと思います。

不具合の内容は、ステアリングに内臓されているタッチセンサーの不具合のようです。

対策

対策としては、ステアリングホイールの交換とタッチセンサーが交換となるようです。
(タッチセンサーがステアリングホイールに付いているため、全交換が必要なのだと思います。)

何にしても、12,000km分握ったステアリングが新品になるのは非常に得した気分です😁

修理までの間

現在、部品の納期に時間がかかるため、2021/9/12時点で、「今月中には届くかも?」と言ってましたので、約3週間程掛かってしまうようです😭

それまでの間、アイサイト無しでの生活となるため、注意して運転したいと思います😑

アイサイト異常の場合でも使える機能と使えない機能について

使える機能

  • 通常の運転は可能。(走る、曲がる、止まる)
  • スバルリヤビークルディテクションいわゆるブラインドスポットモニター的な機能は使える。(サイドミラーのLEDが光るので機能していると思われる)
  • オートライト(アダプティブではない普通のオートライト)
  • ドライブモードセレクトはノーマル状態(裏技あり)
  • オートビークルホールドは使える。
  • オーディオ関係は問題なし(ハンズフリー電話も勿論可能)

使えない機能

  • アイサイト関連機能(運転支援系)
  • バックソナーも使えない。

ドライブモードセレクト(裏技)

この異常が起きた場合、ドライブモードセレクトはエンジン始動時のノーマル状態に固定されてしまいますが、あることをすると、変更する事が出来ます😁

ただし、エンジンを切るまでは同じドライブモードとなります。
(途中で切り替える事が出来ません)

ドライブモード設定方法

  • ブレーキを踏まずにエンジンスタートボタンを2回押します。(エンジンを掛けない状態)
  • ドライブモードセレクトで、好きなモードを選択します。
  • ブレーキを踏んで、エンジンスタートボタンを押します。(エンジンが掛かります。)

これで、エンジンを切るまではドライブモードが固定されます👍
(実際にスポーツ+に設定し走行しましたが、固定されてました。)

正直、修理を待つ間はノーマルモードで良いかと思いますが、どうしてもと言う人がいましたら、試してみてくださいね👍

まとめ

新型(A型)の宿命でもありますが、もうトラブルは無いことを祈っております😆

以前発症したオーディオの不具合(真っ暗になって音が出ない)は、あの一回のみで起きてないので、たまたまだったのかも知れませんが、また最初しないことを祈っております😎

修理が完了しましたら、追記しておきますので、宜しければ、フォロー等、よろしくお願いいたします。

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです🤗

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです👍

関連記事