ガジェット

SESAME Ⅲ:セサミ 3の電池交換方法

セサミ3を2021年4月に取り付けて、はや10ヶ月、電池が切れました?
仕様では、500日と記載があったのですが、1年も持たずに電池残量が30%を切り、使用不可となりました。

結構頻繁に開け閉めを行う家庭なので、300日と短くなったのかも知れません。
ま、使用環境によっても異なると思いますので、問題ありません。

また、電池残量が30%未満になると、鍵が閉められなくなり、閉めた後に開かないという事故が起きないような措置も嬉しいところです。

交換方法

電池は「カメラ用リチウム電池 3V CR123A」を2本使うこととなります。
ウチは、ツーロック式なので、合計4本使用しました。

交換方法としては、セサミ3本体の下側をスライドさせると簡単に電池にアクセス出来ますので、普通の家電製品と同様に交換するだけとなります。

交換後は、特に何も設定する必要がなく、100%の表示となりました。

まとめ

セサミ3の電池交換は、テレビのリモコンの電池を交換するような感覚でできたのが非常に良いところだと思います。再設定も必要なく、本当に電池交換だけでした?

これならば、老若男女問わず、交換可能かと思います?

これで、あと10ヶ月、また使えるので良かったと思います?

最近、セサミ4が出たのでそちらも気になるところですが、壊れるまでは使っても良いかなと思っている今日この頃です。

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです。

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです。

関連記事

家の鍵(ツーロック式)をスマートロック化(SESAME Ⅲ:セサミ 3)してみた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。