SUBARU

AI(Memeplex)にスバルの未来の車を予想してもらいました。

TUKASA

僕は、AIには多くの可能性があり、AIが進化することで、人類により良い未来をもたらすに違いないと考えています。AIは間違いなく私たちの日常生活に新たな進歩をもたらすことができますし、テクノロジーが発展し続ける中で、人類すべてに利益をもたらすために責任を持って使わなければなりません。

AIは、医療、交通、デジタルサービス、そしてコーディングなどの分野で可能性を秘めています。多くの組織が、人間を分析し、支援し、サポートするソフトウェアの開発に取り組んでおり、それによって私たちはより創造的でやりがいのある仕事に従事できるようになります。

人工知能は最終的に、人間よりも迅速かつ正確にデータを処理することで、私たちがより賢明な判断を下せるようになります。また、機械にはまだ道徳的判断ができないため、批判的思考が必要なタスクにAIを使うことには留意しなければなりません。

私たちは、AIが生活の質を向上させる多くの可能性を考慮し、倫理的にAIを使用し、AIが全人類の利益のために使用されるように必要な措置を講じなければなりません。

広告

Stable Diffusionの登場

そんな中、2022年8月にAI界隈で爆発的に人気となった「Stable Diffusion」(ステーブル・ディフュージョン)知ってますでしょうか?

Stable Diffusionは、生成的敵対ネットワークを用いて、リアルな高解像度画像を作成するためのAI管理ソリューションです。生成モデルを用いて、規則と重みを設定し、時間経過とともに画像を変化させることで、リアルな画像を生成することができます。

一方、敵対的ネットワークは、画像が信頼できる結果に向かって変化していることを確認するために、その変化を監視するために使用されます。この2つのネットワークを連携させることで、解像度の高い画像を高速に生成することができる。

AIによる画像生成の具体的なプロセスとして、生成モデルは事実を画像に変換するためのアルゴリズムを実装しています。例えば、顔を扱う場合、顔の形には一定の秩序があります。この構造を認識し、変化させることで、リアルな画像を初期化することができる。

このように、生成モデルとアドバーサリーネットワークを組み合わせることで、AIは高精細でリアルな画像を生成することができるのです。

実際に使ってみる

元々英語版しかないStable Diffusionですが、なんと、日本のAI界を代表する清水亮さんが立ち上げた新しい会社、Memeplexで開発した日本語で使用出来るようにしたものである。

既にみなさんも使用していると思いますので、まだの方は体験してみてくださいね。
無料でできますので、本当に嬉しい限りです。清水さん、感謝!

https://memeplex.app ← まだ体験してない方は、googleアカウントがあればすぐに体験できます。

使い方は簡単、ログインすると、以下の画面になりますので、適当に文言を入れて、作画をリクエストするだけで出来ます。

生成画像

これ、かっこよくないですか?
空を飛ぶんですよ(笑)

こちら、なんとなく、よくみるスバルのコンセプトカーに見えますよね。

ついに、飛んでしまいました(笑)
SUBARUじゃなくてSUBAUNになってるw

これは、とっても未来的、コアファイター的な何かでしょうか(笑)

ドローンとスバル車、なかなか似合ってますよねw

まとめ

AIの未来は明るい。もちろん、完璧になることはないでしょうが、デザイナーの方向性を示すのにも使えると思いました。

デザイナーは、ユーザーの要望をAIで実現し、大まかにイメージを合わせてから最終的な制作に取りかかることができるようになるかもしれません。本当に素晴らしいことだと思います。

現在、高度な人工知能プラットフォームが、デザインの自動生成や最適化に活用されており、デザイナーがより良い製品を作るだけでなく、効率化も図れるようになっています。

また、AIアルゴリズムは、人間では特定できなかった問題を診断し、創造的な解決策を提案する可能性を持っています。

さらに、AIベースのテクノロジーを使って予測分析を実施することで、顧客のニーズや嗜好を正確に予測し、デザイナーが時代の最先端を行くことができるようになります。

AIは無限の可能性を秘めた未来を切り開き、これらのツールはデザイン業界に革命をもたらし、より効率的でよりパーソナライズされたものになっていくと予想されます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

広告
ABOUT ME
TUKASA
自動車やガジェットが好きで、この分野のブログを作りたいと思い、始めました。
僕の体験や発見を皆さんにお伝えし、楽しくて、ためになるネタを提供したいと思います!
関連広告
記事URLをコピーしました