ノウハウ

自動車用タイヤの長期保管のためのベストプラクティス

夏用タイヤやスタッドレスタイヤに交換中の方、または現在、古いタイヤを何も被せないで庭に保管していませんか?

もしそうなら、タイヤに不要なダメージを与えている可能性があります。この記事では、車のタイヤの長期保管に最適な方法をご紹介しますので、最適な状態でタイヤを保管し、タイヤを最大限に活用する方法を学んでください。

タイヤの保管に関するアドバイスをお探しの方は、読み進めて最適な方法を発見してください

熱の影響

タイヤを保管する際に考慮しなければならない要素の1つは温度です。タイヤは極端な熱によってダメージを受け、ゴムが破壊され、ひび割れが発生する可能性があります。

また、保管場所の風通しを良くして、タイヤが余計な熱源にさらされないようにすることが大切です。

紫外線の影響

もう1つ重要なことは、紫外線のタイヤへの影響です。紫外線はゴムを劣化させ、ひび割れや硬化を引き起こします。

これらの影響は、直射日光が当たらない場所にタイヤを保管することで最小限に抑えることができます。

どうしても屋外で保管しなければならない場合は、保護シートや板金フタなどを使って直射日光が当たらないように工夫するとよいでしょう。

オゾンによる影響

車のタイヤは、熱や紫外線のほかに、オゾンの影響も受けやすいと言われています。オゾンはゴムを弱らせ、ひび割れを起こしやすくします。

オゾンからタイヤを守るには、モーター、発電機、コピー機、室外機などオゾンの発生源から離れた場所に保管するようにしましょう。

タイヤを屋内で保管する場合は、オゾンにさらされるリスクを減らすために、保管場所の風通しをよくしてください。

タイヤの上手な保管方法

タイヤを適切に保管しないと、タイヤにダメージを与える可能性があることがおわかりいただけたと思います。

タイヤの保管は、熱や紫外線、オゾンの発生源から離れた、涼しく乾燥した風通しのよい場所で行うのがベストです。

また、保護シートや蓋を使用すると、劣化のリスクをさらに減らすことができます。タイヤは直射日光が当たらず、熱源やオゾンの発生源から遠ざけてください。

スタッドレスタイヤの適正硬度

スタッドレスタイヤの適正硬度値は新品時で45前後、55までなら安全に使用できるとされています。ただし、タイヤの硬度は使用状況によって変化しますので、定期的に硬度をチェックし、最適な硬度を保っていることを確認することが重要です。

定期的にタイヤをローテーションして、潜在的なダメージにできるだけ早く対処することが重要です。

また、ご自身の持っているスタッドタイヤが心配であれば、ゴム硬度計を用いると良いでしょう。amazonで3000円位で購入出来ます。

注意点としては、メーカーによって、AタイプとかDタイプ等計測するものによってタイプが異なりますので、安い高度計を探すときには、よく製品の注意書きを読んでくださいね。

まとめ

車のタイヤを保管することは、タイヤの寿命を維持し、タイヤを最大限に活用するための重要な要素です。

熱、紫外線、オゾンなど、適切な保管をしないとタイヤにダメージを与える可能性があります。

タイヤを適切に保護するために、タイヤは涼しく乾燥した風通しの良い場所で、熱、紫外線、オゾンの直接または間接的な発生源から離して保管するようにしてください。

正しいお手入れをすれば、車のタイヤをできるだけ長く最適な状態に保つことができます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。