ガジェット

ドローン登録義務化に伴う申請について

いよいよ登録の義務化が始まりますね?
2022年6月20日からの登録義務化に先駆けて、事前登録が2021年12月20日から始まりました。

今回は、僕が所有している「DJI MINI2とDJI AIR2S」を実際に登録してみましたので、これから申請する方のご参考になれば幸いです?

登録自体は、さすが国土交通省で、非常に簡単に出来るようになっております?

少しでも知識がある方は、ポータルサイトを読むだけで登録は可能なので、早速登録しちゃってくださいね。

ポータルサイトは → こちら

登録制度施行の背景

近年、無人航空機(ドローン・ラジコン機など)の利活用が急増している一方、事故や、無許可で飛行させる事案が頻発しています。
このような状況を踏まえ、航空法改正に基づき登録制度が施行されます。
この法改正によって、2022年6月以降、無人航空機の登録が義務化され、登録されていない無人航空機を飛行させることはできなくなります。

https://www.mlit.go.jp/koku/drone/

※100g以上のドローンが対象とのことで、200g以下の「DJI MINI」も対象となりますね?

登録の手順

ドローンの登録は、ドローン登録システムを使用し、以下の3つのステップで行います。

なお、本人確認でマイナンバーカードを読み込む必要があるのですが、それには、スマートフォンで行う方が楽だと思います。(ICカードリーダーをお持ちの方はPCからでOK)

ドローン登録システム(DIPS)

ドローン登録システムのページに行き、アカウント開設をします。
なお、200g以上のドローンをお持ちで、既にDIPSに登録されている方も別途登録する必要があるようです。
僕もドローン情報基盤システムに登録はありますが、そのIDではログインする事が出来ませんでした。

登録方法は、「個人の方」「企業・団体の方」と分かれているので、どちらかを選択し、指示に従いながら登録を行います。
マイナンバーカードと情報連携すると、思った以上に簡単に登録する事が可能です。

新規登録

アカウントの開設が完了したら、ログインし「新規登録」から手続きを開始します。

STEP 01 本人確認方法選択〜STEP 02 所有者情報入力

本人確認方法を選び、情報を入力します。
入力を続けて「STEP02所有者情報入力」まで済ませます。

STEP 03 機体情報入力

「STEP03機体情報入力」では、お持ちのドローンを登録するページとなります。

製造者名を選択すると、型式名を選ぶ事ができるので、ご自身のドローンを選択すると、自動的に「機体の種類」が選択されます。
その後、ドローンの「製造番号」を入力して完了となります。

「製造番号」は、ドローンメーカーによって書いてある箇所が違いますが、DJIは以下写真の場所にありますので確認してみてください。

正直、小さくて読めないのですが、そこは、虫眼鏡や、スマホのカメラで確認してくださいね?

ドローンが複数機ある場合は「他の機体情報を続けて入力」を押して登録してください。

全て登録が完了したら「使用者情報の入力」を押してください。

STEP 04 使用者情報入力

STEP04に進むと「所有者と使用者は、同一人物ですか」と聞かれるので「はい」を選択します。

確認後、次へ進みます。

STEP 05 入力情報確認

「STEP05入力情報確認」で、最終確認します。

この後、マイナポータルの「署名用電子証明書暗証番号」や「利用者証明用電子証明書暗証番号」を入れて、完了となります。

STEP 06 手続き完了

ようやく完了しました。

メールの内容は、こんな形です。

支払い方法

メールが到着したら、ドローン登録システムにログインし「申請状況確認」から支払選択を押してください。

クレジットカードの場合は、以下のように画面が推移して、支払い手続きが完了となります。

審査・手続き中〜手続き完了

支払いが完了すると、申請状況が「審査・手続き中」となります。

審査・手続きが完了すると、このようなメールが届きます。

有効期限は、3年のようですね。

まとめ

いよいよ始まった事前登録、今年の最後の仕事としてめんどくさくなってしまう前にドローン所有者は登録してしまいましょう?

200g以下のDJI MINI2も対象となっているので、自分は関係ないと思わず登録してくださいね?

登録費用も割と安いですし、思い切ってやりましょうね。

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです?

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。