カメラ

VoightLander APO-LANTHAR 65mm でアジサイを撮る

さて、本日は朝からBLOGの再構築をやったりと忙しかったですが、ランチは美味しいランチセット「ステーキ牛吉にて」を頂き、午後3時過ぎに思い立ったように紫陽花を撮影しに出掛けました。

撮影場所

この時間なのでどこに行くかは迷わず、栃木県鹿沼市にある磯山神社へ行くことにしました。この神社は例年であれば紫陽花祭りを実施しておりますが、今年はコロナの影響で「中止」となったようです。誠に残念。

紫陽花祭りは例年であれば6月中旬~7月上旬まで実施しておりますので、まさに今は見頃でとても良い感じでした。

16時頃に到着しましたが、沢山の人で賑わっておりました。
皆さん、思い思いに紫陽花を撮影しておりました。
僕も久しぶり撮影でとても楽しかったです。

撮影機材

今日の撮影では、SONYα7ⅢにVoightLanderのAPO-LANTHAR 65mm F2 Asphericalのレンズという縛りで撮影に行ってきました。
65mmと言うと中望遠よりはちょっと短い焦点距離ですが、このレンズは名玉とも言われており、解像感がとても高く、とても気に入っております。

ちなみにマニュアルフォーカスレンズなので、撮影に集中でき、最高に楽しいですよ。
また、このレンズのフォーカスリングがなんと言っても気持ちがい良いものなのです。もし、触ったことがない人がいたら、ヨドバシカメラ等で触ってみてください。きっと購入してしまいます。

ただ、重い(600g程度)ので、重い事がダメな方にはおすすめしません。

インスタにて複数枚写真を投稿しておりますので、是非ともフォロー等よろしくお願いいたします。

仕様

このレンズの仕様は以下のとおりです。
最大の特徴は、アポクロマート設計で色収差を限りなくゼロにする設計が特徴です。
これに惹かれて僕も手に入れました。

光の3原色を構成するRGBの軸上色収差を限りなくゼロに近づけるアポクロマート設計を採用した大口径マクロレンズ。大きなボケが楽しめ、絞り開放からシャープな結像性能を示し、最短撮影距離から遠方のモチーフまで極めて優秀な画像品質で描き切ります。

引用:https://www.cosina.co.jp/voigtlander/e-mount/macro-apo-lanthar-65mm-f2-aspherical/

購入先

今ではどこでも購入する事が出来ます。
僕が買ったときはちょっと待ちましたが、今では在庫もあり、すぐに手に入るとても良い時代になりましたw

ヤフオクでも出回る様になっているので、資産価値としてもありそうですね。

まとめ

フォクトレンダーというレンズは聞いた事が無い人もいるかと思いますが、とても良いレンズです。
とくに色収差が少ない(殆どわからない)ので、撮影した時に何となく滲んでいて困っていた方は試してみるのも良いと思います。

マニュアルフォーカスデビューにもとても使い易いので、非常にお勧めです。
是非、お近くのお店に行って触ってみてくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

もし、この記事を気に入ってくれたら、いいねボタン、そしてシェアして頂けますとうれしいです。

TUKASA BLOGでは主にクルマやガジェットを紹介しているブログですが、時々変わった内容も記事にする雑記ブログです。
是非、TwitterやInstagramのフォローをして頂ければとても嬉しいです。

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。