SUBARU

【新型レヴォーグ】洗車に必須用品を新たに購入!

新型レヴォーグが納車されて早2週間、何度か自分でも洗車を行いました。
新型レヴォーグ・・・本当に洗車しにくいですね・・・。

特にグリルの部分ですが、細かくて水滴をふき取るのが非常に大変です!
レヴォーグでは無くてもグリル周りは大変だとは思いますが、今まで乗ってきたグリルの中で一番洗いにくいです😅

僕と同じようにグリル周りが洗いにくいと感じている人もいるのでは?
今回は、そんな悩みを文字通り吹き飛ばす用品を購入しましたので、レビューしていきます。

さて、僕は、家庭用純水器等を購入している程、洗車マニアですが、唯一揃えていなかった洗車用品がありました。

それが「ブロワー」です!

洗車には必要ない装備かと思っておりましたが、新型レヴォーグのグリルがあまりにもふき取りにくいので、思い切って購入させて頂きました。

購入した製品

今回購入した製品は「VOLTAGA製 充電式ブロワー」です!
しかし!サクラチェッカーで調査すると95%危険という・・・🤣

皆さんはこのブログをみて判断してくださいね😅

購入した決め手

  • 稼働時間が長い事(30分)
  • 無段階風量変速
  • 最大風速:240km/hと協力
  • 1年保証であること

使用用途

ボディ全体の水切りではなく、

  • グリル周り
  • サイドミラー
  • エンブレム周り
  • バックドア

を想定し、購入

外観・質感

プラスチック感あふれる感じでとても安っぽい感じで、高級感は全くありません。まぁ、ブロワーに高級感は求めてませんが🤣
ただ、そのためか、かなり軽量になっております。

そして充電電池が一番重いようです。

スイッチ周りについては、無段階変速という事で、じわーっと握ると無段階に風速が早くなったりするので、操作感は上々です。
と思ったのですが、結構固くて使っている内に握力が無くなってきました😅

使ってみた感想

当初の使用予定であったグリル周りとサイドミラー、バックドアをブロワーにて吹き飛ばしてみましたが、とても良い感じです。

洗車後のいつまでも垂れてくるサイドミラーの下や、バックドアのバンパー部に垂れてくる水滴も全くなくなりました👍

純水器を購入する前に、ブロワーを購入した方が良いですね!

びっくりしました。

素晴らしい!

デメリット

  • 最大風量にすると、音が掃除機並みにうるさいので、朝方は使えない。
    • 昼間であれば問題は無いと思います。
  • 無段階の変速機能付きなので、握り方で風量を弱くも強くも出来ますが、正直疲れること。

まとめ

このメーカーが良いのか悪いのかは全く不明ではございますが、ブロワーはとても洗車に有効であると思います。

これが壊れたら高いものを買っても良いのではないかと思う程、ブロワーは役に立つ洗車用品だと思います。

次は、やはり日本製のマキタでしょうかね。

今回購入したもの(ご参考まで)

VOLTAGA 充電式ブロワー ⇒ こちら

日本製のまともなもの

  • マキタ(Makita) 充電式ブロワ ⇒ こちら
  • パナソニック ブロア ⇒ こちら

関連記事